住宅型有料老人ホーム

施設理念

楽しく、仲よく、喜んで

介護は決して暗いものではありません。

しかし、家族で介護をするのは本当に大変なことです。

また、介護・福祉の現場で働く人もまた大変な労働環境だと言われることがあります。

もちろん、介護が必要になったご本人が一番辛いことでしょう。

私たちは、そんな介護の環境にあって、「楽しく、仲よく、喜んで」をモットーに取り組んで参ります。

 

平成26年8月にオープンしたサービス付き高齢者向け住宅の名称も「喜楽庵」とつけました。

まさしく、入居者はじめ、その家族、働くスタッフみんなが楽しく、そして、家族には楽していただき、スタッフには、事務的なことは効率的に(楽して)取り組み、介護の現場では、入居者を向いて、常に工夫して、入居者はもちろん、スタッフの介護負担もないように心がけます。

 

当たり前ですが、これは手を抜くという意味ではありません。

一生懸命にやらなければ、本当の入居者の笑顔(喜び)はいただけないと、私たちは考えています。それがやりがいにつながり、それがサービスの品質向上につながり、それがまたワクワクしながら働くことにつながるのだと考えます。

働くスタッフがワクワクできなければ、お客様に本当の良いサービスは提供できません。

ですから私たちは、顧客満足と同じように従業員満足を実現させます。

それがイコール、顧客満足につながると確信しています。

私たちは、強いこだわりをもって入居者サービスに努めます。

企業理念

1.従業員満足=顧客満足

働くスタッフが「わくわく」できる職場環境を創ります。

スタッフが自主的に考えて、行動できる環境を整えます。

上からの押し付けはいたしません。

従業員が満足していれば、お客様も満足しているはずだと考えます。

もちろん、自己満足はいたしません。

2.自分の親を安心して預けられる住まい

自分の親を安心して預けられる住まいづくりを目指します。

「もし自分の親だったら、こんなことをしあげたい。」「自分の親の、こんな笑顔が見たい。」

 スタッフには、自分の親に自信をもって薦められるサービス、居場所を創れるよう親身なサービス、仕事をしてもらいたい。

3.世話やきのススメ

介護の仕事に正解はないと言われています。

「入居者それぞれに合ったサービスを・・・」目指しますが、実は、簡単なことではありません。だったら、「自分だったらこうする」「こうしたらどうですか」を率先して意見できる組織(チーム)を目指します。

行動指針

心のこもった介護「YES」

私達の仕事は、入居者と向き合うこと。毎日のサービスをこなすだけの定型的なサービスはいたしません。高齢者住宅は、入居者とスタッフの1対1のサービスが基本になります。

心のこもった介護を実践します。

わくわく仕事

毎日が「わくわく」しなければ仕事じゃない!

やらされ仕事では意味がない。スタッフ各々が、チームとなって楽しく、仲よく、喜んで仕事をすることをルールとします。

積極参加

コツコツ一人で仕事することは悪いことではありません。

しかし、せっかくみんなで仕事をしているのだから、積極的にみんなの輪に入って、意見を交換し合ったり、レクや入居者に積極的に関わるスタッフであってほしい。

理念に共感

人が好きじゃなければ介護の仕事はできません。

会社が好きじゃなければ、良い仕事ができません。

思いを共有できる仲間と一緒に仕事がしたい。